Monthly Archive: 9月 2014

労働条件などが適正かもチェックされている

求職者にとって労働条件は仕事選びでは最も重要な項目です。
企業の雰囲気や将来性も気になりますが何より決め手となるのはここなのでは、と思います。

労働条件が同業種の他社よりもよくなければやはり求職者は他の企業に向いてしまいます。
ハローワークにも掲載期間があって、掲載開始日にもよりますがおよそ二ヶ月くらいです。
その期間で決まらなければまた申し込みできるのですが。
どうしてこういった期間があるのかというと、応募者が少ない原因を把握するためではないでしょうか?
この期限を目安にして労働条件などが適正かどうかチェックされているのだといいます。

ハローワークは過去の膨大なデータを参考にして企業の労働条件などの相談に乗ってくれます。
しかし時代によって基準は変わりますし、求職者の価値観も変わってくると思います。
ハローワークというところはそういった変化にも合った、その企業の労働条件を一緒に定めてくれる場所でもあるのです。

求人広告のキャッチコピーも提案された

ハローワークの求人をご覧になったことはありますか?
求人情報誌や求人サイトと比較しちゃうと正直味気ないものです。
写真も自社ロゴも使えないんですよね。
そういうことで文字だけで勝負しないといけないのです。
文字だけでアピールするのってけっこう難しいと思うのですが。

ハローワークの職員は求人に関して何でも相談に乗ってくれるので求人を出す企業も安心できる存在です。
そんなハローワーク職員は今まで膨大な数の求人を見てきて目が肥えてます。
求人情報の言葉一つ一つに敏感なのでしょう。
求人広告のキャッチコピーも提案されたりもするといいます。

実際表現しだいで企業のイメージというのは180度変わってきますよね。
やっぱり紋切り型の言葉では求職者にはスルーされてしまう。
できれば新鮮な印象の表現で、そしてリアルに企業の雰囲気が伝わる言葉を使った求人広告がいい求人広告だといえるのだと思います。
それが企業と求職者を繋ぐ橋になるのでしょう。

ハローワークは人材募集のプロ

ハローワークの職員は求職者だけではなく求人を出す企業の相談にも無料で乗ってくれます。
人事採用の知識がない企業、はじめて求人を出す企業にとってはとても助かる機関だと思います。

求人申込書の書き方など最初から教えてくれるといいます。
また労働条件をどう記入するか、など企業が求人を出す際に悩んでしまう部分があるはずです。
しかしハローワークにはなんといっても過去からの膨大な数の求人例があります。
同業種の求人例と比較して労働条件をどう定めるかなども相談できるのです。
過去のデータが豊富というのは力強く、望んでいる人材確保の手助けをしてくれるでしょう。
ハローワークは人材募集のプロ集団なのです。
安心して人材募集をまかせられるのではないでしょうか。

そして、ハローワーク職員は企業と求職者の間にいる存在。
企業が提出した求人情報を求職者の目線で見てアドバイスをしてもらえます。
企業側が見えていない問題も指摘してくれると思います。