何となくの応募者が増えてしまいそう

ハローワークで求人情報を出したとして本当に望んだ人材がくるのかはまったく未知の世界。

企業としては不安なことですが、タイミングや縁とか運命に左右されるんでしょうね。

求人広告を出して多くの応募があるのは企業にとってありがたいことです。
その企業の思いに求職者が反応してくれたというわけですから。
しかしその中に望んでいるような人材がいなければ意味はありません。
また応募者の志望動機が薄ければ温度差も生まれ募集した企業としてはがっかりしてしまいますよね。
ハローワークもなんとなくの応募者が増えてしまいそう、と思ってしまっても不思議ではない環境なのかもしれません。

ハローワークでは自分に合う一生続けれる仕事を腰を据えて探すという人よりも、仕事がなくとりあえずの働き口を探している人の方が多いのではという漠然としたイメージがあります。
なのでそのイメージからか会社の企業理念に心打たれた、とはいえないような求職者も応募してくるような気もします。

またハローワークは求職者のために相談員が熱心に相談に乗ってくれます。
相談員がその企業を猛プッシュしてくれる場合も多いでしょう。
そうした対応に求職者はあまり企業を吟味できず、言われるがまま応募するという形も少なくないのではと思います。
もしもそんな応募者が多ければ望んでいる人材どころではないですよね。
またもしもそれが欲しい人材だったとしても採用後すぐ辞められては困ります。

なんとなくの応募者が増えるのを阻止するのはどうしたらいいのでしょうか。
それは求人情報での企業のアピールしだいなのではないでしょうか?
他社と比較して労働条件や待遇で差をつけるのは簡単なことではありません。
しかし企業理念、社風、将来性などをよくあるような形式ばった文章で伝えられても、やはり求職者に響くことはありません。
なんとなく応募されても何もいえませんよね。
インパクトのある求人情報で求職者の気持ちを揺さぶる必要があるのだと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です