トラブルにならない募集情報を

ハローワークに限らず求人を扱い企業と求職者の間に入る機関だとトラブルもつき物かと思います。

トラブルにならない募集情報を、求人を出す企業は心がけたいものですね。
どうしても応募者が欲しいからと都合のいい条件を出すと後々揉めてしまう原因になります。
応募者が多くても欲しい人材がいないのでは企業が困ります。
求めている人材の条件を具体的に書くことが重要です。
学歴、経験、免許や資格などもしっかり明記すべきでしょう。
また業務内容もあとで話が違うとなりがち。
なので大まかな業務内容ではなく本当にやって欲しい仕事内容をはっきりさせた方がいいのだと思います。
経験不問の仕事だったはずが面接へ行くとその部分が変わっている場合なども多いと聞きます。

そして人を雇うということで一番揉めやすいのがお金のこと。
試用期間は給与が下がることなども必ず伝えるべきことの一つだと思います。

ハローワークは行政の機関。
ふわっとした表現だと受理してもらえないと聞きます。
考えてみれば求人情報や求人サイトなどの募集を見ると本当にあいまいな箇所が多く目につきます。
さらに仕事に就いてから発覚する「こんなん聞いてない」経験は誰しもがあるのではないでしょうか?

といっても求人欄だけでは詳しく伝えるのは難しいことかもしれません。
そういった言葉の取り違いがないようにハローワークでは労働条件の記入の仕方も相談に乗ってくれるのだといいます。
また伝えきれない部分はハローワークの相談員が求職者に説明してくれるらしいので、そういう部分の対応も依頼しておく必要があるでしょう。

求人広告を出すすべての企業の人に、求職者の立場になり考えて欲しいものと思います。
その求人情報を見た人がどのくらい具体的にその仕事を頭で想像できるかが大事です。
また都合悪い面を濁す表現はせずに正々堂々と求職者と向き合わないといけないのではないでしょうか。
そうしなければ企業自体の不信感へと繋がってしまうと思います

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です