Latest Posts

ハローワークで求人募集するメリット

ハローワーク経由の求人は多くの企業で使われている人材募集方法です。誰もが耳にしたことがあるはずです。どの都道府県にも存在する政府が運用する職業紹介機関です。

ハローワークで求人募集を行うメリットについてご紹介していこうと思います。

・掲載費用がかからない

一番のメリットはここかもしれません。有料求人媒体の場合、パートアルバイト募集で数万円、正社員募集だと十万円以上するところもあります。

・政府が運用する職業紹介機関なので安心感がある

最低賃金・社会保険の適用の有無・休日・休憩・労働時間・残業・などを記載しなければならないのでネット求人よりも細かな情報が求職者の方に与えられえます。入社する前により細かな情報の共有ができるのは大きなメリットといえます。

・窓口相談員がいる

求人を出す際に、専門の相談員がより良い求人となるように最近の労働市場や求人の傾向などを教えてくれます。求人条件の設定などの相談に乗ってくれると心強いかと思います。最初に事業所登録を行う際に不明点があればその場で解決出来るとうメリットもあります。

・インターネット検索もできる

若い方は携帯で求人探しをしている割合が多いためわざわざハローワークに出向かなくても自宅等で検索できるのは大きな利点です。そのため、遠方に住んでいる求職者からの応募も受けることができます。ただしインターネットに出る求人は一日掲載が遅れているので注意が必要です。

・助成金の対象となりやすい

従業員を新たに雇い入れる場合、65歳以上の高齢者を雇い入れる高齢者雇用開発特別奨励金、未経験者を試行的に雇い入れるトライアル雇用奨励金。その他にも障碍者が働き続けるよう支援するもの、仕事と家庭の両立を取り組む場合の助成金、キャリア形成促進助成金などがあります。

・求職者が集まりやすい

転職を考えた際まず最初に思いつくキーワードが「ハローワーク」だと思います。退職者は雇用保険や健康保険の手続きを必ず行わなければならないので、区役所と同様にハローワークには必ず訪れます。手続きを行ったその日についでに求人検索していく求職者も多いでしょう。閲覧される回数が多いほどより良い人材と巡り合える可能性も高まります。

・求職者の身元がハッキリしている

インターネット求人に応募する際、入力フォームに入れるだけですぐに個人登録ができてしまいます。しかしハローワークは国が運営する機関なので、求職者は初期登録に身分証明や雇用保険番号などを求められます。年齢や職歴などを偽ることができません。インターネット求人よりも確実な情報が手にはいります。

 

最近はインターネット求人のCMや駅での広告などを目にする、耳にする機会も増えてきました。

スマートフォンの普及によりこれからの求人検索市場はなおさらその傾向が強くなると思います。

しかし一度ハローワークに事業所登録をしておくと掲載費はかからず使うことができ、便利です。

人材募集の基礎はやはりハローワークだと思います。

労働条件などが適正かもチェックされている

求職者にとって労働条件は仕事選びでは最も重要な項目です。
企業の雰囲気や将来性も気になりますが何より決め手となるのはここなのでは、と思います。

労働条件が同業種の他社よりもよくなければやはり求職者は他の企業に向いてしまいます。
ハローワークにも掲載期間があって、掲載開始日にもよりますがおよそ二ヶ月くらいです。
その期間で決まらなければまた申し込みできるのですが。
どうしてこういった期間があるのかというと、応募者が少ない原因を把握するためではないでしょうか?
この期限を目安にして労働条件などが適正かどうかチェックされているのだといいます。

ハローワークは過去の膨大なデータを参考にして企業の労働条件などの相談に乗ってくれます。
しかし時代によって基準は変わりますし、求職者の価値観も変わってくると思います。
ハローワークというところはそういった変化にも合った、その企業の労働条件を一緒に定めてくれる場所でもあるのです。

求人広告のキャッチコピーも提案された

ハローワークの求人をご覧になったことはありますか?
求人情報誌や求人サイトと比較しちゃうと正直味気ないものです。
写真も自社ロゴも使えないんですよね。
そういうことで文字だけで勝負しないといけないのです。
文字だけでアピールするのってけっこう難しいと思うのですが。

ハローワークの職員は求人に関して何でも相談に乗ってくれるので求人を出す企業も安心できる存在です。
そんなハローワーク職員は今まで膨大な数の求人を見てきて目が肥えてます。
求人情報の言葉一つ一つに敏感なのでしょう。
求人広告のキャッチコピーも提案されたりもするといいます。

実際表現しだいで企業のイメージというのは180度変わってきますよね。
やっぱり紋切り型の言葉では求職者にはスルーされてしまう。
できれば新鮮な印象の表現で、そしてリアルに企業の雰囲気が伝わる言葉を使った求人広告がいい求人広告だといえるのだと思います。
それが企業と求職者を繋ぐ橋になるのでしょう。

ハローワークは人材募集のプロ

ハローワークの職員は求職者だけではなく求人を出す企業の相談にも無料で乗ってくれます。
人事採用の知識がない企業、はじめて求人を出す企業にとってはとても助かる機関だと思います。

求人申込書の書き方など最初から教えてくれるといいます。
また労働条件をどう記入するか、など企業が求人を出す際に悩んでしまう部分があるはずです。
しかしハローワークにはなんといっても過去からの膨大な数の求人例があります。
同業種の求人例と比較して労働条件をどう定めるかなども相談できるのです。
過去のデータが豊富というのは力強く、望んでいる人材確保の手助けをしてくれるでしょう。
ハローワークは人材募集のプロ集団なのです。
安心して人材募集をまかせられるのではないでしょうか。

そして、ハローワーク職員は企業と求職者の間にいる存在。
企業が提出した求人情報を求職者の目線で見てアドバイスをしてもらえます。
企業側が見えていない問題も指摘してくれると思います。