ハローワークを上手く使っていい人材を

ハローワークではいい人材が集まらないのではないか。

そう考える企業の人も少なくありません。
実際にネットの口コミをみるとそのような意見もあるのです。
私もそういったイメージがなかったかといえば嘘になりますし一般的なイメージなのかもしれません。

しかしその原因はもしかすると企業の求人情報にもあるのかもしれません。
望んだ人材を採用できるかどうかは、どんな媒体を使っても企業の工夫にかかっているのだと思います。
ハローワークを上手に使っていい人材を得るためにはどうすればいいのか考察してみました。

企業は採用時に人材を選ぶのですが、その前に求職者に選ばれないといけません。
しかし企業側は「選ぶ立場」という考え方を頑なに改めようとしないといいます。
その証拠に企業が提出する求人申込書を見ればどれも似たり寄ったりだとか。
同業種の他社と比較して待遇面などの劣りはないかを考え、他社にはない魅力をアピールすべきだと思います。
社風や将来性、方針、業績などできる限り詳しく、そして独自の言葉で求職者の目を引く必要があるのです。

またタイミングも重要な点です。
ハローワークの求人情報はおよそ2ヶ月公開されます。
それで決まらなかったらまた申し込みできるわけですが。
どういったタイミングで出すかということも考えてみるのはどうでしょうか?
年末、年度末は利用者が多いといった傾向もあるのでそういった戦略も軽視できません。

ハローワークに求人募集を出すのは無料です。
その無料というのも良くない原因の一つだといいます。
無料であるばかりに企業はなんとなくで利用してしまっているらしいのです。
いちおう出しておこう、みたいな気楽さが求人情報の内容ににじみ出てしまっているのでしょう。
どうせ無料だから、といった意識は捨てて全力で採用に向け努力する姿勢が大切になってきます。
望んでいる人材を見つけるために、機関や媒体をいかに上手に使うかを知るというのは大きな意味があることだと思いました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です